読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

早稲田大学国際教養学部、純ジャパだけど頑張ったよブログ

英語苦手・留学興味なし・国際関係興味なしな早稲田大学国際教養学部生による留学にまつわるあれこれ

こまごました事務手続きはマジで面倒くさいよねという話

おひさしぶりです……わたしです……。月1で書くよ!と言ったそばからなんと3か月も放置してしまいました……すみません……。いろんな人に会ったり、新居になれたり、アルバイトをしてみたり、就活やだやだ~と泣いてみたりいろいろと……忙しくだらだら過ごしてい…

アカデミックアドバイザーを利用したらよかったんじゃね?とはたと気付いたよ、という話

はい、わたしです。うん。今回はアカデミックアドバイザ~について書くぞ!わたしは三日に一回くらいはまぁ~じでなんでまともに留学の準備しなかったのかな~何が障害になってしようと思えなかったんかな~と考えているのですが、なんかはたと、アカデミッ…

学内選考後から渡航前までも情報収集は続けてスムーズな生活をしていこうな!という話

学内選考後、派遣先大学候補が決定されたら、願書の準備をします。願書の記入の仕方については留学センターの担当者が指示してくれるのでそれに従っていればまず難しいことはありません。一点アドバイスがあるとすれば、PDFファイルでの提出についてです…

派遣先大学を選ぶときの情報収集の仕方を今すぐできるくらい超具体的に書いたので参考にしてくれよな!という話

ここまでで興味のある分野が決まったら大学を選びましょう。学内選考の時期が二学期のわりと早い段階なので、やっと中級科目をとって発展的な内容を学びだしたぐらいで派遣先を決めるのは酷なのではと思うのですがもうしかたがない、10月中頃から一気に集…

全学オープン科目・副専攻制度を併用すると体系的な学習ができるのでチェケラ!!!という話

前エントリでも述べましたがSILSは専門を持てない代わりに必修が少なく、時間割の自由度が高いです。そこを利用して、自分の好きな学問を好きなように学びつつ、体系的な知識を蓄積する方法を伝授しようと思います。ここで学びたい分野にあたりを付けて留学…

入学前のプレイスメントテストをまじめに受けたか受けなかったかで既に明暗がわかれるよ!という話

入学式の前の3月下旬に英語のプレイスメントテストが実施されます。入試も終わって一段落、気が抜けるところですがこれは真面目に本気で受けることをおすすめします。理由は、このテスト結果が結果的に自分の学びたい分野を早い段階で見つけられるかどうか…

留学準備はマジで気が進まないけど、この二点を意識しててこでも進めていこうな!という話

自分がどうしてもやりたいわけではないもののために動くのはとても体力や気力のいるものです。英語も得意ではなく、留学に興味のない人にとって、その準備は苦行の一言に尽きます。しかし、この準備を怠ると、たださえ気乗りしない留学生活がさらに辛く苦し…

はじめに

このブログは早稲田大学国際教養学部(通称SILS)に入学する新入生のうち、海外居住経験のないいわゆる純ジャパ、あるいは英語をはじめとする語学・国際関係・留学についてさほど興味がない人を対象に書かれています。早稲田大学国際教養学部に進学する人で…